TOPKNOWHOW

求人ボックスの料金体系ってどんなもの?

求人ボックスの料金体系ってどんなもの?

近頃見かける求人ボックス。
ご存知の方も、まだ知らなかった方も、まず料金はどのくらいかかるのか気になる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな気になる求人ボックスの料金体系について、ご説明します。

求人ボックスの料金体系ってどんなもの?

求人ボックスとは

求人ボックスとは、価格.comでお馴染みのカカクコムが運営する日本発の求人検索エンジンです。

求人検索エンジン

そもそも、求人検索エンジンとは何か、簡単にご説明します。

求人検索エンジンとは、CMなどで有名なindeed(インディード)と同じシステムです。様々な媒体や、求人が掲載されている企業のホームページへ行かなくとも、検索エンジンの中で求人を広く検索できるようになっています。
検索エンジンとして有名な“GoogleやYahoo!の求人のみに特化したサービス”というイメージで覚えていただけたらと思います。

求人検索エンジンの料金の仕組み

求人検索エンジンは、クリック課金型という課金方法となっています。
求人ボックスも例外なくこの型を取っているので、ここでは簡単にクリック課金型をご説明します。

クリック課金とは、1クリックあたりの値段が決まっており、クリックされた分だけお金が発生する仕組みです。
つまり、掲載しているだけでクリックされない限り費用はゼロです。
求人に興味のある人にクリックされて初めて、料金が発生します。

求人ボックス、料金は0円の無料掲載

基本的に求人ボックスは、料金がかからない無料の掲載が可能なサービスです。
無料掲載にはメリット、デメリットがそれぞれありますので、ここでご説明したいと思います。

求人ボックス料金0円プランのメリット

メリットは、なによりも費用ゼロで始める事が出来る点です。
無料で掲載をして、実際に応募があった事例も多々あるため、かなり採用コストを抑えることができます。

求人ボックス料金0円プランのデメリット

無料のデメリットは、求職者の目につきにくいという点です。

無料で掲載を行った場合に表示される箇所と、有料で掲載した時に表示される箇所を比較した際、無料の方がより下の方に掲載される可能性が高くなります。
求職者の多くは1ページ目を見ることが多いため、表示順位が低くなり、1ページ目以降になってしまうと、求職者の目に触れる確率が低くなります。

無料掲載と有料掲載
引用:indeed

求人ボックス、料金が発生する有料掲載

求人ボックスの有料掲載には、採用ボードを活用した直接投稿と、自社のホームページや採用サイトをクローリングする方法と2種類存在します。

採用ボードを活用した直接投稿には“シンプルプラン”と“アドバンスプラン”という2種類があります。
下記が各プランの詳細です。

シンプルプラン

シンプルプランでは、“1日あたりの予算”のみ設定可能です。
“自動運用”※1が適用され、求人ボックスが設定した予算に応じて入札単価を自動調整します。

※1:入札単価は、1000円を上限とします。上限から予算額や予算の消費状況に合わせて自動で設定されます。
アドバンスプラン

アドバンスプランでは、“入札方法”、“入札単価”、“ご利用予算”の3つの項目を設定できます。
まず、入札方法については、“手動運用”、“自動運用”のどちらかを選択出来ますが、入札単価を細かく調整したい場合は“手動運用”を選択してください。
次に、入札単価に関しては、手動運用と自動運用の場合で方法が異なります。
手動運用の場合、【25円~1,000円】までの中から設定します。
自動運用の場合、入札単価の上限を選択でき、入札単価が高いほど検索結果の上位に表示されやすくなります。
最後にご利用予算については、手動運用の場合、1日あたりの予算を設定します。
自動運用の場合は予算の種類を“1日あたり”、“1ヶ月あたり”、“期間指定”の3種類(※2)から選ぶことができます。

入札方法入札単価ご利用予算
シンプルプラン××
アドバンスプラン
※2:予算設定に関して
“1か月あたり”、“期間指定”を選択した場合、設定予算に対する未消化金額を残日数で分割した“1日あたりの予算(日予算)”が自動的に設定されます。採用ボードに関する詳細は、求人ボックスのヘルプページにも記載されていますので、合わせてご覧ください。
クローリング

クローリング掲載には、直接投稿のようにプランはありませんが、手動運用と自動運用の選択が可能です。
手動運用の場合は、クリック単価(1クリックあたりの費用)を25円~1000円の間で設定が可能です。
自動運用の場合は、設定された予算の範囲内でキャンペーンのクリック数を最大化することを目指して入札単価が自動で調整されます。

続いて、こうした有料プランにおけるメリットデメリットをご紹介します。

クローリング掲載についてはこちらで詳しくご説明しておりますので、合わせてご覧ください。

▼ 【求人ボックスの掲載方法】クローリング型掲載とは

求人ボックス有料プランのメリット

有料プランのメリットは、掲載順位が高くなる可能性が高く、より多くの求職者の方に見てもらえる点です。
シングルプランでは、自動運用、アドバンスプランでは自動/手動運用のどちらかを使って、クリック単価の調整も行えるため、調整次第では、実際の採用単価を低く抑える事も可能です。

求人ボックス有料プランのデメリット

有料プランのデメリットは、運用次第で、採用コストがかかってしまう点です。

有料プランでは、クリックごとの単価設定や、キーワードの設定などを行いますが、こうした運用次第で効果は大きく変わってきます。
そのため、有料を検討したいけれども、運用面で不安を覚える方は、運用のプロである代理店に任せるのも1つの手です。

求人ボックスの料金体系まとめ

本記事では、求人ボックスの料金を無料と有料と合わせてご紹介しました。
無料にも有料にもメリットデメリットが存在しますが、どちらも理解した上で自社の状況に合わせ、まずは無料からでも試してみることをおすすめします。

↑