TOPKNOWHOW

indeed(インディード)の企業ページとは

indeed(インディード)の企業ページとは

indeed(インディード)って?

求人検索エンジンとして今一番勢いがある、indeed。

そんなindeedに対して、知識を深めたい採用担当者も少なくないと思います。今回はそんなindeedの企業ページという機能について紹介します。

indeed企業ページとは

indeed(インディード)の企業ページって?

indeedには、企業ページという機能が存在します。

そこでは、採用ブランディングとして企業の魅力を伝えたり、テキストだけでは伝えきれない職場の雰囲気などを動画や画像を通して求職者に伝えることができます。

indeedのアカウントをお持ちであれば、無料で企業ページを利用することが可能です。

無料で利用できる企業ページの機能

無料だと以下の機能を利用することができます。

企業ロゴ
自社の企業ロゴを掲載できます。

企業ロゴ

カスタムコンテンツ
無料の場合、最大5個まで画像や動画を組み合わせた企業の紹介文を投稿することが可能です。

クチコミ
以前その企業で働いていた人、あるいは現在働いている人からのクチコミを掲載できる機能になります。求職者にとってはよりリアルな企業評価が分かるのでうれしいですね。

indeed企業ページのクチコミ

質問箱
求職者との接点を増やせる場になるので、積極的に活用していきましょう。

有料にするとどう違うの?

スポンサー求人(有料掲載)で一定額以上の金額を利用すると企業ページプレミアムというものが使えるようになります。

カスタムコンテンツ
無料では最大5個までだったのが、企業ページプレミアムだと最大10個まで投稿可能です。

プレミアムヘッダー
企業ページ上部のヘッダーにブランドカラーを使用したり、ビジュアルをより良くすることで、オリジナル性をアピールすることが可能です。

SNSアカウントとの連携
SNSアカウントを既に保有している企業は、連携することで、より求職者にリッチな情報を届けましょう。

企業ページの設定方法

まずはアカウントを作成しよう

企業ページを作成するには、indeedでアカウントを作成することが必要です。

アカウントを無料で作成する

アカウント作成方法についての記事は以下を参考にしてください。

▼ indeedに求人掲載する方法を徹底解説!

ログインしてから企業ページの編集画面まで

  1. ログインして管理画面を開く
  2. 管理画面の右上にあるアイコンをクリックして企業アカウントの設定を開く
  3. 企業アカウントの設定画面から企業ページをクリック
  4. 企業の魅力からページを編集をクリック
  5. 編集ボタンが表示されない場合、別途で申請が必要になります。

これはアカウント作成のタイミングによるので、確認してみましょう。
企業ページ (無料) を申請するには (indeed アカウントをお持ちの方)

こちらにアクセスして企業名を検索します。

検索結果の中から自社の企業ページを見つけて、クリックします。
企業ページで [企業トップ] タブの隣にある [企業の魅力] タブをクリックします。
ページの右側にある [この企業ページを申請する] をクリックします。

実際に編集してみよう

上記の手順を踏んだ後、企業ページのカスタマイズ画面がでてくるので、
そこから細かい編集をしてみましょう。

例えば、ヘッダー画像を設定する際には、推奨画像サイズが公式より発表されています。
横長の画像、980×200px、1960×400pxを推奨されているので、確認してみましょう。
企業ロゴに関しては、正方形、400×400pxを推奨されています。

効果的に企業ページを活用しよう

無料でも十分に活用できる機能があるのがindeedの良いところの1つでもあります。

画像は何枚投稿しても無料なので積極的に掲載しよう

カスタムコンテンツとは異なり、画像は何枚投稿しても無料です。

実際に働いている様子だったり、オフィスの写真もそうですが、求職者にテキストだけでは伝えきれないところを、ここでたくさんアピールしましょう。

質問箱機能を積極的に使って求職者との接点を増やそう

質問箱を積極的に使っていけば、求職者がどのようなところで疑問を抱いているのがが分かります。
求人原稿を作る際の参考にもなるので、ここはたくさん活用していきましょう 。

indeedの質問箱

定期的に更新しよう

企業ページを定期的に更新し、目新しいものにすることによって求職者にさらにアピールすることができます。
古い情報のままでは、見ている側も飽きてしまいます。

求人ページを見てもらえる回数が増えたら以下の効果が見込めます。

求人情報の閲覧数が増える
企業ページでは、その企業が掲載している求人情報の一覧をみることができます。
もし求職者が、職種で悩んでいる場合、適した職種を企業ページから見つけられる可能性もあります。

応募数が増える
上記のように、求人情報が見られる数が増えれば、自然と応募数が増えます。
企業ページを見たうえで、応募している求職者は、職場の雰囲気やクチコミも知ったうえで、応募しているので志望度が高い可能性があります。

まとめ


企業ページに関して何か気になることや、不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

↑