TOPKNOWHOW

indeed(インディード)の評判。実際どうなのか?

indeed(インディード)の評判。実際どうなのか?

求人サイトとして、近頃有名なindeed(インディード)。
一度は耳にしたことのある方も多いかと思います。
効果はあるのか?など、実際の評判はどのようなものか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回はそんなindeed(インディード)の評判について、実例を基に見ていきます。

indeedの評判。実際どうなのか

そもそもindeed(インディード)って?

まず、indeed(インディード)とは何でしょうか。
実際どういったものなのか、基本的な部分を説明していきたいと思います。

求人検索型エンジン

indeed(インディード)は求人に特化した検索型エンジンです。
Googleの求人バージョンとイメージして頂くと分かりやすいと思います。Googleでは、キーワード検索をすると、検索結果にWeb上にある様々なサイトが表示されますよね。
indeed(インディード)も同じ仕組みです。

Web上にあるさまざまな求人情報を読み取って、集約して掲載をしているのです。
具体的にはクローラーと呼ばれるロボットが、Web上の求人サイト、採用サイトなどの求人の情報を自動で収集し、indeed(インディード)に掲載をしてくれています。

indeed(インディード)って無料?有料?

indeed(インディード)は、基本的に無料掲載ですが、有料での掲載も可能です。
無料で掲載を行った場合、indeed(インディード)内の膨大な求人の中にうもれる可能性が高くなってしまいます。
しかし、有料で掲載を行うと、無料掲載より上位表示されやすくなります。
つまり、より求職者の方に見つけやすくしてもらうために有料掲載が有効であり、その効果をもってサービスが成立しています。

indeed(インディード)直販と代理店って?

では、有料での掲載はどのようにお金が発生していくのでしょうか。
有料掲載の中でも、直販と代理店利用の2種類を簡単にご紹介します。

直販

indeed(インディード)直販を利用する場合、自分で原稿を作成したり、自社でデータ分析を行うなど、indeed(インディード)を自分で運用していく方法です。
かかる費用が広告料金のみとなるため、比較的安価で求人を掲載できるのが直販の魅力です。

代理店

indeed(インディード)の代理店を利用する場合、運用ノウハウを持ったプロのマーケターやライターが原稿作成、応募数アップに向けた分析や施策などを講じてくれる方法です。
運用費が別途かかりますが、採用担当者の方の手間や時間を掛けずに効果を見込めるのが魅力です。

下記の記事でもindeedについて仕組みや掲載についてまとめておりますので、よろしければこちらもご覧ください!

▼ indeedとは?仕組み・料金・掲載方法など徹底解説

indeed(インディード)を使ってみた評判

では、実際にindeed(インディード)を使ってみた評判はどのようなものがあるのでしょうか。

良い評判

・indeed(インディード)の利用で使用前と比較し、応募数が6倍と大幅に増加した!
(都内販売スタッフ×正社員募集)

・地方の小さな都市の募集で、求人媒体では効果が出にくかったところ、indeed(インディード)利用で採用に成功した!
(施設管理スタッフ×地方での募集)

・求人広告利用と比較し、indeed(インディード)利用時に30%の採用単価削減に成功!
(販売スタッフ×パート募集)

悪い評判

・応募がほとんどなく、効果が見られない。
(都内飲食店スタッフ×パート募集)

・応募数はあるけれど、求めている人材からの応募がない。
(飲食店正社員スタッフ×地方募集)

・応募単価が高騰し、想像以上に費用がかさんでしまった。
(軽作業スタッフ×パート募集)

企業によってindeed(インディード)評判に差があるのはなぜ?

各評判を見ていくと、どちらも正反対のものが存在しています。
企業によって違うと言えばそれまでなのですが、なぜ、評判に違いが生まれているのでしょうか。

indeed(インディード)の仕組み

おさらいにはなりますが、そもそも、indeed(インディード)は、クローラーというロボットがWeb上の求人情報を集約してきて掲載をする求人検索エンジンです。

無料での掲載より有料掲載の方がより上位表示されやすいです。
また、有料掲載以外にも、「求人情報が充実しているか」など様々な要因で上位表示されるかされないかが決まってきます。
表示のされ方や、結果に対して様々な要因があるのは確かなのですが、やはり、有料と無料の違いによって差が生まれやすいというのが現状です。

indeed(インディード)評判あるある

では、有料で使用するしかないのでしょうか。
有料にすればなんでも解決という訳でもありません。
無料と有料のそれぞれのあるあるをご紹介します。

indeed(インディード)評判、無料あるある
  • あれ?検索しても求人が見つからない。
  • 応募がきてもターゲットと違った!
  • 有料にしたら応募数が変わった
indeed(インディード) 評判、有料あるある

  • 気づいたらお金がすごくかかっていた!
  • 単価の決め方が難しい。
  • 運用や原稿の作成に時間がかかる。

indeed(インディード)評判まとめ

indeed(インディード)は、求人特化型検索エンジンです。
無料で使用する場合と有料で使用する場合があり、有料の中では、直販と代理店利用の2種類があります。
基本的に無料ですが、求職者により見つけてもらいやすくするのであれば有料で使用するのがおすすめです。
ただ、有料を使用する際は、より現状に即した方法を選びましょう。

indeed(インディード)直販はこんな方におすすめ!

無料でやってみたが、効果が見えづらかった、という経験をお持ちの方。
費用を抑えつつ、自社で一度求人掲載をしてみるのがよいかもしれません。
ただ、その際、原稿作成や運用は自社で行う事となり、手間と時間が掛かってしまうのは避けられないので、注意しましょう

indeed(インディード)代理店はこんな方におすすめ!

運用は難しそうだから、お金が掛かってもノウハウのある代理店に任せたいという方。
代理店によってサービス内容や費用は異なってくるため、
まずは問い合わせをして確認をしてみるのが良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

評判を参考にしつつ、ぜひ、自社に合った採用方法を使って採用を成功させましょう!

↑