TOPSERVICE

Twitter広告

Twitter広告

Twitter広告とは?

Twitter広告とは、Twitterのタイムラインや検索結果に出すことができる広告です。

広告メニューとしては3つあり、プロモツイート/プロモアカウント/プロモトレンドとなっています。

Twitterの日本での月間利用者数は約4,500万人にものぼり、2018年以降は公式での発表はありませんが、世界でも2番目に多い数となっています。

なお、世界での月間アクティブユーザーは3億人を超えています。

Twitter広告

Twitter広告の特徴

大きな特徴は以下の3つとなります。

  • 若年層(10代〜30代前半)にリーチできる
  • 興味関心でのターゲティング精度が高い
  • 2次拡散(リツイート)に期待できる

若年層(10代〜30代前半)にリーチできる

Twitterのコアユーザーは10代から30代前半の若年層ユーザーが多くなっています。

そのため、若年層の採用を強化したい企業様におすすめできるプラットフォーム、広告配信媒体と言えます。

新卒採用や第2新卒の採用を積極的に行なっている企業様にとっては検討しやすいと思います。

興味関心でのターゲティング精度が高い

Twitter広告では、ユーザーの趣味や嗜好に対するターゲティングに強みを持っています。例えば、特定のツイートをしている人をターゲティングし広告配信を行うことが可能です。

また、ターゲットしたユーザーのフォロワーとよく似た興味関心を持つ利用者(類似ユーザー)に広告を表示できます。
例えば、新卒採用を実施している企業様であれば、リクナビやマイナビの公式アカウントをターゲティングすることで、新卒採用に興味のある可能性が高いユーザーにターゲティング出来たりします。
加えて、理系採用を行なっている企業様だと、ラボベースやアカリクといった専門媒体をターゲティングすることで、理系学生の可能性が高いユーザーにターゲティングすることが可能です。

そういったユーザーの興味関心をターゲティングする精度が他の媒体と比べても高くなっているため、ピンポイントなターゲティングを行いたい際はおすすめできる媒体と言えます。

2次拡散(リツイート)に期待できる

Twitterの最大の特徴とでもいえるのが、リツイートによる2次拡散です。Twitter広告も一般的な投稿(オーガニックツイート)と同様に、リツイートや”いいね”をすることが可能です。

加えて、リツイートされた広告は料金がかからないため、拡散すればするほど(されればされるほど)コストを抑えて情報を拡散することができます。

この点は他媒体との違いとして大きな部分になります。

Twitterユーザーは、興味や関心のあることに対して積極的に情報をシェアする傾向にあり、特に学生層などの若手であるほど顕著になるため、採用での利用も有効となっています。

当社に任せていただく理由

採用領域に特化をした広告配信グループを完全内製化している

私たちの組織では、広告配信を行うグループを全て正社員として雇用しており、外注は行なっておりません。

また、採用領域に特化をし、知見や知識のあるメンバーのみで構成しています。

業界の中でも随一のチーム体制となっています。

クリエイティブ制作も完全内製化している

広告配信業務のみならず、配信時に必要とされるバナーなどのクリエイティブも、同じく完全に内製化されたデザイナーチームにて制作をしています。

配信までをワンストップでご支援できるだけでなく、スピーディーに対応できる点も私たちの強みだと言えます。

カスタマーサクセスによる安心のフォロー体制

フロントに立つセールス担当だけでなく、カスタマーサクセス担当の対応も行なっているため、安心のフォロー体制にてご支援させていただいております。

経験豊富なメンバーが在籍しているだけでなく、体制としてもご安心いただけるものとなっています。

料金体系

Twitter広告はクリックやリンク先への遷移、フォロワーの獲得など、あらかじめ指定した目的に応じたアクションが発生したときにのみ課金されます。

詳細につきましては、当社担当よりご連絡をさせていただきますので、以下よりお問い合わせをお願いします。

↑